Pocket

あまり言われませんが、ニキビの形成の原因、悪化要因に、紫外線の影響が挙げられます。

この対策で結果が
大きく変わるので、紫外線についての理解は大切です。

皮膚の重要な役割は「身体を外的環境から保護する」というものです。

そして外的な刺激要因の代表的なものとして「紫外線」が上げられます。

紫外線は生命-細胞のDNAを傷つけ、破壊する強力な光線です。

これを直接受けては人体は著しい損傷をこうむりますから、その防御のため角質層は厚くなりまたメラニン色素という褐色の色素を産生し、人体を保護します。

極端な例として、夏休みに「皮が剥けている子供」が多くいますよね。
私もそうでした。

これは丁度肌荒れの状態であり「急激に厚くなった状態」です。

これがニキビ形成要因が重なりやすい部位でおきると、毛穴がふさがり、ニキビの形成となります。

また紫外線は

  • ニキビの炎症を悪化させる
  • にきび跡のダメージが悪化する

などの悪影響を及ぼしますから、これはしっかり保護する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です