Pocket

夏休みといえば、私も周りの子どもらも、皆真っ黒に日焼けし、肩の皮がムケていました。

日焼けは皮膚表面の色素細胞が活発に色素を出すことで起きる現象です。

これは紫外線を皮膚深部まで届けないための大切な人体の防御機能です。

この防御機能は、同時に皮膚表面を大急ぎで作らせる防御機能とも連動します。

結果、「黒くなる」+「皮ムケ」といった状態が併発します。

美容上ではシミや傷跡などが残る、肌荒れなどのトラブルですが、「生き物の仕組み」と考えると、必要な機能でもあります。

このように、

  • 生き物としては必要な機能

ではあっても、

  • 美容上、困った機能

というものが人体にはあります。(「食べると太る」は典型ですね・・・)

「どちらを取るか?」という考え方はありますが、基本的には「どうやって両立させようか?」と考えるほうが私達にとっていい結果をもたらします。

スキンケアの質

良質のスキンケアとは

  • 「生き物として必要な機能」

  • 「美容上きれいな状態」

を両立させる方法です。

そのために清潔にし、乾燥を防ぎ(保湿)、刺激からの保護を行います。

皮膚はほうって置けば、紫外線や乾燥、細菌や刺激物質の付着などに反応します。

黒くなり、厚く硬くなり、炎症します。これらがニキビの条件がそろう原因になったり、肌トラブルの要因や肌トラブルそのものです。

もともと丈夫で見た目にきれいな肌は、刺激にむやみに反応しなくてもいい皮膚表面を作れますので肌トラブルも比較的穏やかで、早く正常に回復できます。

ニキビ解消は肌質によって優先順位がある

でも、アレルギー体質、過激なケアの継続、環境や生活習慣、年齢によって、このような肌を作れない場合、一度トラブルが起きると、強く反応を起こしやすく慢性化しやすく、回復しにくくなります。

慢性的な肌トラブルは問題解決が先決です。これができないと、どんな治療を行っても問題を繰り返すからです。

ですので「肌任せ」や、肌を傷つけるケアでは、トラブルを解消できません。

「お手入れ」=スキンケアは、肌が丈夫じゃない分「手を掛けてやる」です。

スキンケアによって様々な刺激に「反応しなくてもいい状態」をつくり、それを「持続させること」で、健康で見た目にもきれいな状態をつくれるようになります。

これはある意味「手をかけて育て続けること」で可能になることです。ほうっておいても良くはなりませんし、手を入れる方法を間違うとかえって問題が起きます。

皮膚の本来の仕組みにあわせて、それがきれいに育つように、丁寧に時間を掛けて誘導していくことが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です