「悪童の伝説」~滝平二郎 すもうは男どうしの力くらべだ。 土俵という区切られた制限があるから、 いっとき逃げ出しておいて、 いざ、勝負となると、 いつもは静かで引っ込み思案であった子が、 以外な強みを発揮したり、 日ごろ口達者で肩で風をきっ[…]

自由だけではなぜいけないか 荒井一博 Ⅲ, 個人の独立性という虚構 ■「関係ない」という価値観 今日の小学生以上の日本人の多くが、「関係ない」という言葉を頻発したり、「関係ない」ことを強く意識して行動したりしているようです。この言葉は、問題[…]

P11) 第2,3章では、ドイツ、北欧の優生学の歴史。「優生学」という言葉でヒトラー、ナチスを思い浮かべがち。しかしナチス以前ワイマール共和国時代に優生政策の素地は徐々に形成されていた。またデンマーク、ではナチスドイツより以前に断種法制定。[…]

(P46) 第一次味覚野の反応が、快さ(甘さ)よりも不快さ(苦さ)において強く生じる 私たちは、喜びや幸福感、楽しい、悲しい、苦しい、つらい、怖いなど、多様な感情を持っていますが、その中でも「恐怖感」は動物にとって大切な感情です。 私は毎日[…]

今日 7月26日は中島らもさんの命日だそうです。 私がよく読んでいたのは中学から20歳ころだったと記憶します。 ・・・一応確かめてみたんですけど大体合ってるかと思います。     著書一覧(中島らもブックリスト) 「頭の中がカユいんだ」~「[…]