●「ニキビの無い美しい肌」「ニキビを治して美肌に」
というような広告があります。

●ニキビが無い肌を「キレイなんだ」と思ってしまえば
それでもいいのですが、場合によってはニキビが治っても

●跡が消えない、赤ら顔、敏感肌、皮脂分泌亢進などの
トラブルに悩み続ける方もいます。
そしてこのような場合、当然ニキビも再び形成され続ける結果となる
ことは珍しくありません。

●これでは「ニキビが無いけど、キレイでもない肌」です。

●キレイな肌とは正常に角質層が形成・維持できている
状態で、このような肌であればニキビはもちろん、
他の肌トラブルでもほとんど悩まされず、発症しても
一時的で回復できます。

●ニキビなど、肌トラブルが治療やエステ、化粧品使用などで
なかなか治らないという場合、その肌は「治れない肌」、つまり
角質層が正常に形成できていない点を理解することです。

●この状態を正常な角質層=「治れる肌」に回復することに
優先順位を置かなければ、症状の解消が困難になるだけでなく
治療法、エステ、ケア方法によっては悪化の一途をたどることに
なります。

●「ニキビを壊す」には良い方法であっても、
「正常な角質層の形成・維持」にはマイナスになる
ことがほとんどです。
これを知らないことで、わざわざ症状を長期化させている方が
非常に多くなっています。

●肌=ヒフは外環境から身体を守る器官です。
私たちが意識する以上に環境に反応しています。
その反応は基本的に「肌トラブル」という形で現われるのですが、
治療・スキンケア・エステなどの行為も、よく理解しないと
マイナスの反応を起こす要因にしかなりません。

ニキビ解消で重要なのは「肌にとってマイナス」の行為を
徹底的に回避することです。