未分類
     

ニキビと敏感肌化粧品

「オイルフリーの化粧品を使っているのにニキビが治りません」

「無添加化粧品でお肌は負けませんがきれいにもなりません」

「水だけでケアをしていますが、全く変わりません」

ニキビ(成人の場合が多いですね)もしくは赤ら顔、敏感肌の解消を
目的として、敏感肌化粧品の使用をされる方からのご相談では
おおむねこのようなパターンが多くあります。

外科的な美容整形の手法を応用したニキビ治療、その方法論を
用いたニキビケアと、市場で言う敏感肌のスキンケアの
二極化かもしれませんね。

さて、ここでは敏感肌用化粧品の欺瞞については触れませんが
これらの商品使用で、なぜキレイになれなかったのか?
についてです。

その前の前提として、化粧品自体が「効く・効かない」という
「薬理作用」を目的としたものではないうことを
よくご理解ください。

つまり製品に含まれた成分が、薬のように皮膚に変化を
もたらすことを目的とはしていません。
「塗れば効く」というものではありません。

あくまでもヒフの清潔・保湿・保護・魅力的に見せるなどを
目的としたものです。
だから、汚れを落とすもの、水やクリームや、と
様々なテクスチャーがあります。

本当に「美容成分」が重要なら「軟膏」とかでいいはずですからね。

敏感肌用といわれるものの多くは脂分を嫌う消費者の嗜好の傾向に合わせて、
極端なものでは「ただの水?」と思えるものまでありますが、
肝心の皮膚、表面の角質層は、水分だけでなく細胞間脂質、
皮脂膜といった、2種類の脂質で構成され、維持されることで
正常で健康で、見た目に美しい状態になります。

この角質層を形成・維持し続けないことには、
健康でキレイな肌は実現することはありません。
皮膚はトラブルを起こして身体を守るという
複雑な仕組みを持つからです。

ニキビですら角質層の脂質の不足が面皰(ニキビの初期段階)形成の
要因となりますから、美容情報には注意が必要です。

敏感肌用化粧品は「普通の化粧品は怖い」という消費者感情を
対象とした商品であり、
「お肌をキレイにする」=正常な角質層の形成・維持を
目的とはしていないこと、その結果「キレイになれない」は
不思議なことではないと、よくご理解ください。

● 問題解決には「正常な角質層の形成・維持」が原則と理解し
この方針で解消に取り組むことが、現実的な解消成功への近道です。