「ニキビを治したい」
そう思うことは何の不思議もありません。

一粒でも嫌なものは嫌なものです。

ところで「治したい」という考え方は
「お肌をどうすること」でしょうか?

「ニキビは皮膚の病気」といわれます。
次いで「だから皮膚科で治療しなきゃ!」ですが、
皮膚科で行うニキビ治療は基本的に「対症療法」、
つまり「今できている患部への治療」です。

これは「ニキビができない肌」になることを
目的とはしていません。
ですから「何度治してもまた出ます」となります。

同時にこのようなお肌の場合、
にきび跡が残りやすい、他のトラブルが併発する、といった
結果となりがちですが、その理由はそれぞれの症状よりも
これらが発症しやすい「肌」にその原因があります。

ニキビは
?毛孔の閉塞
?皮脂分泌過剰
?にきび菌の増殖
といった条件が重なり、形成されます。

これらの結果、できてしまったニキビ(のツブ)の治療が目的なら
「今あるニキビ患部の治療」は意味のある行為となりますが、
あなたの目的が
「ニキビができないような肌になりたい、にきび跡を消せる肌になりたい」と
いうことであれば上記の3つの条件が、「そろわないように」し続けなければ
なりません。

何度患部を治しても、上記の3つの条件が揃い続ければ
ニキビ否応なしに形成されていきます。

キレイな肌とは正常に形成された角質層の形成と維持のことです。
見た目に美しく健康で丈夫な肌は
皮膚表面を、正常に形成・維持できているのです。

この状態が壊れれば、皮膚はその役割を失いますから
このときに「身体を守る」という皮膚の次のバリア機能が働きます。

炎症や角質層の肥厚、シミの原因となるメラノサイトの
活性もおきます。身近な例では日焼けもそうですよね。
その皮膚状態にニキビの条件が重なれば、
ニキビを形成しやすく、キレイに治りにくくなる条件も重なります。

肌トラブルは
「あなたの皮膚が、あなたの身体を守るための仕組み」という
側面をよくご理解ください。

ですから、あなたのお肌が「必要があって肌トラブルを起こす」のです。
ニキビにお悩みであれば、その容貌からも、何らかの発疹のように
考えがちですが、見た目のイメージとは異なり、質が違うものです。

ニキビ・ニキビ跡の患部を治すことを続けても
あなたの「肌質」、そして「あなたの目的」によっては
「その場しのぎ」をくり返していることになりかねません。

根本的な問題解決には、あなたの目的をよく整理することから始まります。

確実で安全に早期にお肌をキレイにしたいとお考えでしたら
情報を正確に「理解」しておくことです。

● 問題解決には「正常な角質層の形成・維持」が原則と理解し
この方針で解消に取り組むことが、現実的な解消成功への近道です。