未分類
     

ニキビ治療・ニキビ化粧品情報

乾燥状態の皮膚に保湿剤等塗布すれば一時的に乾燥は止まりますし、オイリー状態に対し脱脂力の優れた石鹸で洗えば一時的に皮脂を除去できます。

ニキビにニキビ用、大人ニキビに大人ニキビ用、オイリー肌にオイリー用化粧品を使用してもそれらの肌症状が解消されることは起こり得ません。

ですが「対症療法」(でた症状の抑制)で、各症状が根本的に解消されることはありません。

正常な角質層では乾燥や脂っぽくなることは基本的に起こらず、ニキビができても早く、きれいに治ります。

時期的に、思春期に性ホルモンにより皮脂増加はありますが、乾燥肌も脂性肌も、トラブルを起こしやすい皮膚に、結果としておきるトラブルであり、「肌質」とはいえません。

だからニキビにニキビ化粧品を使用しても大人ニキビに大人ニキビ化粧品を使用してもくり返しニキビができてしまうのです。

もともとトラブルがおきやすい、ニキビができやすいなどの皮膚におきる様々な肌状態、つまりニキビ・ニキビ跡、赤ら顔等の解消にはスキンケアのマスターと実践です。