未分類
     

乾燥肌とニキビや赤ら顔は「症状」

ニキビや赤ら顔は目に付きますし、それ自体が「悩み」の種です。

通常なら、このような肌トラブルは一過性で終わりますが慢性化、長期化するケースもあります。

その場合・・

  • 「私のニキビは普通のにきびではない?」
  • 「わたしのは体の中からくるにきびらしい・・・」

など、さまざまな原因を考えてしまいますよね。
しかし、できているにきび自体は、すぐに治るにきびと同じように形成されています。

これが悪化したり、慢性的に形成が続いたり、化膿しやすいなどに陥るのは「ニキビの違い」と言うよりも、「肌の違い」に根本的な原因があります。

通常、皮膚表面の角質層が正常に形成されていれば、ニキビは慢性化しませんし、キレイに治癒します。

しかし、角質層に本来必要な水分・アミノ酸・脂質の不足や欠乏で乾燥が慢性化する状態では皮膚本来の治癒のプロセス・メカニズムも正常に機能できず角質層が正常に形成できないことで悪化しているにきびはその結果として悪化・長期化します。

本来なら正常であるべき角質層の問題が結果として「お悩みの肌トラブルとして」顕在化していることをよく理解してください。

そして乾燥肌や肌荒れ、ニキビ、敏感肌、赤ら顔などは「症状」であり、これらは肌質ではありません。

肌質は「正常」か「敏感」かの、2つです。触った感じがべたべたすると「肌質がオイリー」、カサカサすれば「肌質が乾燥肌」、混ざれば「肌質がコンビネーション肌」、ニキビができやすいと「ニキビ肌」・・・のように説明を受けることが多いかと思いますが、結局それは「質感、感触」を「肌質」と言い換えているだけです。

肌質とは、もともと正常な角質層を作る能力があるか、無いかです。前者は普通肌質であり、後者は敏感肌質となります。

肌質別のケア、肌タイプ別のケアなどは、おおよそ化粧品の「シットリした感触、さっぱりした感触」の違い程度であり、販売側の効率の都合と考えて差し支えありません。