にきび・赤ら顔のコンプレックスは、「気にしなければいい・気にしすぎ」と人には言われます。

もちろん他人にはどうでもいい問題で、実際に多くの人は自分の容姿についてあまり気にしていない、というより気にする必要もないのでしょう。

にきびや赤ら顔の問題は、単に皮膚の問題だけでなくコンプレックス=心の問題だと思います。

考えないようにしようとしても、つい鏡を見て考えてしまい、つらい思いをしてしまうことですよね。

実際「顔に赤いぶつぶつができる・膿ができる」と言う状態は、誰にとっても耐え難い状態です。この状態を何とかしたいと思うことは、何も不思議なことではありません。

「見た目より中身」の言葉は否定しませんが、これらを比較すること自体が疑問ですしね。

難しいと思われるにきび、赤ら顔も、皮膚の仕組みをよく理解し、正しい方法を実践することできれいになるようにできます。

つらさから開放されるには「行動・実践」あるのみです。