未分類
     

皮膚科のニキビ薬の治療でも

皮膚科のでのニキビ治療薬の使用で「治らなかった」と言われるご相談が多く寄せられます。

さまざまな治療を行い、成果を得られないことはつらいものですが、皮膚科のニキビ治療薬で、思うように解消できないのには理由があります。

まず、ニキビを治療するといっても、それが対症療法であれば、「できたニキビ」への対処ですから「ニキビができなくなる」と言うことではありません。
これは言い方の問題なども絡むのですが、「何度ニキビを治しても、新たなにきびができ続ける」と言う状態であれば、お悩みの立場では「治らない」です。

「治る・治らない」というと、このように個人差がある言葉遣いですので、これを「ニキビができなくなる・キレイに回復できる」と考えることにしましょう。

このように考えれば、問題はニキビそのものだけでなく、これが慢性化する「肌」に問題があるのです。

「にきびを治せる肌、きれいに治れる肌」であれば、何もしないでも治るわけです。
実際多くの方がニキビの経験があるにもかかわらず、悪化・長期化しない理由は、皮膚表面の角質層を正常に形成できるからです。

ニキビのお悩みも長期化する場合では、お肌を健康で美しくすることを優先しながら、できたニキビを解消することです。

にきび・赤ら顔の解消にはぜひご相談ください。