以前からCD・レコードなどでは、いわゆる「ジャケ買い」というものがありました。
装丁のデザインで、購入するかどうかを決めるというものです。

私も学生のころは試聴しないままジャケ買いをしていました。

そして近頃では文庫本でもこのようなジャケ買いがあるということです。
たとえば太宰治の人間失格を漫画「デスノート」の作者が描くことで、夏の3ヶ月で10万部を突破するヒットとなったそうです。

まったく売れない近代文学が、表紙の見た目を変えるだけで売れるようになるのですね。これが良い傾向か、悪い傾向といえるのかについては、意見があるかもしれませんが、少なくとも手に取るきっかけとして、表紙が重要であることは間違いの無いことです。

同じ内容の本でも、このような評価の違いがあるのは興味深いことですが、これは人の「見た目」についてもいえることです。

「人間は中身が大切」ということに異論はありませんが、「見た目より中身」は比較すること自体がナンセンスですし、現実では見た目で判断「する、される」という機会にさらされているものです。

そのような世間ですから、肌トラブルにお悩みになることは、現実の問題としてとてもつらいことでしょう。
特にニキビは通俗的なイメージや、間違った情報によって「さまざまな印象を与えているかもしれない」というリスクにさらされます。

詳しくは述べませんが、ニキビがあるだけで「原因について」とやかく言われたり、ご家族の方に好き嫌いを指摘されたと言う経験もあるかもしれませんね。

かように「中身について」まであれこれ言われるにきびですから、これをキレイに解消し、人目の印象や誤解からも開放されたいと思うことは何も不思議なことではありません。

あなたがきれいになることで、誰も傷ついたり、つらい思いをすることはありません。解消にはお力になります!