未分類
     

ニキビ用化粧品のもたらす誤解

ニキビにお悩みの立場では、
「ニキビ用」
「ニキビに効く」
など宣伝する化粧品に頼ってしまいます。

このとき、赤みやヒリツキを感じるなら注意が必要です。

ニキビは毛孔の閉塞、皮脂分泌亢進、ニキビ菌の棲息により結果として形成されますが、ニキビ用化粧品の一部は毛孔の閉塞の解消、つまり角質層の除去を主に行う場合が多いようです。

毛穴を塞ぐ角質層をはがしてしまえば形成されたニキビの状態は崩れますがそれは同時に角質層を破壊している結果となります。

単に今あるニキビを破壊することが目的なら、これらの方法でも良いかもしれませんが、「ニキビの慢性化を止め、きれいな肌にしたい場合」は角質層を正常に形成させる、という目的意識が重要になります。

多くの「ニキビを治す」という方法は、ほぼ「できたニキビ」の処置に過ぎません。

これらでニキビができなくなったり、お肌がきれいになることはありえないことをよくよく理解しなければ、ニキビが解消しないばかりか肌トラブルが長期化し、症状も複雑になるリスクを覚悟しなければなりません。