ニキビケアの方法についてのご相談が寄せられます。
「ニキビに悩んでいるからニキビケア」と考えるのは不思議なことではありませんが
そのような方針、情報で解決するケースと、
解決しない・悪化のリスクが高いというケースがあります。

これらで解消できるのは「できたニキビ患部」です。

ですからこの行為を続けていても「ニキビができ続ける肌」への
適切な対処にはなりませんし、はじめから目的が違います。

多くのニキビ用化粧品は、皮膚表面の角質層をニキビごと
破壊するような成分を配合しますから
にきびは壊せますが、この継続で皮膚は正常な状態を
形成・維持できなくなります。

皮膚表面の正常な状態を破壊すればするほど
細菌は増殖しやすくなりますし、角質層は肥厚と剥離を
頻度高く行う結果になり、部位によっては
ニキビは再発しやすく、悪化しやすい状態となるからです。

多くの方は、ニキビができても、たとえば脂っこいものを食べ過ぎたとか
甘いものを食べ過ぎた時に、など一時的ですが、
そのような皮膚は、ニキビができれば角質層を破壊し続けることで
回復しているわけではありません。

ニキビを悪化させず、収束・治癒できるわけです。

ニキビの解決には「今あるニキビ」に対する対症療法で解決できる場合と
それでは解決しない場合がありますが
その差は皮膚表面が「治れる肌」であるか否かの違いにあります。

正常に皮膚表面を形成し、ニキビに悩まないキレイな肌と
同じようにしていくことが、根本的解消の優先事項です。