先日、化粧品に強度のステロイドを使用し、
「アトピーにいい」とクチコミになった
化粧品を製造したメーカーが摘発されました。

本来、薬事法の範囲内であれば、
おおむね「危険な化粧品」と言うものは
さほど心配ありませんが、薬品そのもののようなものを
成分表示を偽装して販売した場合、どうにもなりません。

消費者も判断の材料であるはずの成分表示が
「本当かどうか」なんて調べようもありません・・・。

使用する立場では「効く・効かない」を考えてしまいますし
実際消費者が「そう勘違いするように」多くの製品が
そのような宣伝をしています。

もちろん薬事法にかからないよう、微妙な宣伝を
しているわけですが。

これは基本的な皮膚の知識と、
基本的な化粧品に関する知識さえあれば
防げることです。

お肌をキレイにするために化粧品は必要ですが
これを「魔法の薬」のように誤解を与えるメーカーは
後を絶ちません。

実際には「キレイになるケア方法」があり
その方法の実践のために化粧品が必要と言うことで、
「化粧品の作用でキレイになる」と言うものではないと
よく知ってください。

※少しややこしいですが逆に敏感肌にお悩みの方は
「効く→怖い」という脅しに近い情報を与えられ
本来なら恐れる必要のない化粧品に過度の恐怖心を
植えつけられて、ただの水?といえるものを使用し
いらぬ乾燥状態を継続させ、いっそう敏感肌を長期化
させてしまうことも珍しくありません。

※基本的には「効かない→怖くもない」が化粧品です。
キレイにするにはキレイにするためのノウハウが先にあって
その試論に適ったものを使用することで
初めてキレイになれるのです。