お肌に悩み、ご来店される方の多くはニキビ、にきび跡、赤ら顔などの敏感肌症状といった肌トラブルをかかえていらっしゃいます。

ここ1年は主に、「にきび用化粧品でも効かない」「にきび用化粧品で悪化。赤くなる、痛い。」などの、お悩みを抱えた方たちがご来店されます。

そして、このようなお悩みと同様に、それ以前から、「ニキビ治療」に関するお悩みをお持ちの方のご来店がずっと続いている状態です。

これについても「にきび用化粧品」と同じように(時にはさらに深刻に)「悪化、効かない」といったお話を伺うことになります。

その理由についてです。

仮にニキビにお悩みの立場でも、ほうっておいても一時的で済むケースもありますし多くの場合のニキビは、そのように解決します。

人口の90%がニキビの経験を持つと言われますが、その9割のうち、ほとんどの方は「悩み続ける」ということはありません。

同じニキビでも「一時的で済む」と言う場合と「慢性的にニキビができ続ける」という場合があるのです。

これを「一時的ニキビ」「慢性にきび」と分けてもいいのですが分けてしまうだけでは、根本的解決にはつながりません。

この2つの差は「一時的で済む肌」と「慢性化してしまう肌」の差だからです。

できているニキビそのものは、進行度によって違いはあっても基本的なメカニズムは同じです。

であれば違うのは「肌-肌質」です。

※肌質というと、「オイリー肌」とか「乾燥肌」「敏感肌」といった化粧品販売でよく見聞きするものを思い浮かべますがこれらがいう「肌質」は「質感・感触」にすぎません。

私がいう「肌質」は「普通の丈夫で健康な肌」と「外的刺激や心身の変化に敏感な肌」の2つです。

前者であれば、ニキビは皮膚の上では問題になりませんし、一時的にできても、にきび用化粧品、エステ、治療でも特に何もしなくても(何もしないほうがいいかも)解消していくものです。

しかし、「外的刺激や心身の変化に敏感な肌」ではこのようにスムーズな回復は困難です。

仮にニキビができると、慢性化しやすく、跡が残りやすく化膿や炎症を起こしやすく、赤ら顔、皮ムケ、肌荒れ、皮脂分泌の亢進、毛穴が目立つなど、複数のトラブルが併発しやすいものです。

この状態に陥った肌に対して、にきび用化粧品を使用したり、過激な治療行為を行うと皮膚はその役割から「過敏な反応」をさらに起こしますから

「今あるニキビ」に効果があったとしても「肌の問題解決」とは程遠い結果となったり、逆効果となります。

かといって無添加・オイルフリーを宣伝する敏感肌用化粧品の使用は基本的な化粧品の役割(清潔・保湿・保護)を果たせていないことが多く、その製品特性も消費者の誤解・不安のあおりを前提としている以上不安も無いが成果も無いといったご相談が寄せられることも不思議なことではありません。

いずれの方法も、「外的刺激や心身の変化に敏感な肌」を、「普通の丈夫で健康な肌」へと回復することを「目的とはしていない」のですから、上手くいかないことは、何も不思議なことではありません。

そして、「普通の丈夫で健康な肌」に回復することを目的とした方法を行うことこそが、「くり返すトラブル」の解決方法であるとあなたは知っておく必要があります。

先日「にきびの情報と知識」でお話したように、なかなか「正確な情報を得るための知識」は得ることができませんし、その判断のための思考も容易ではありません。

でも、そんなことしてたら生活成立しませんしね。

筋道立てて、しっかり問題を理解したい方は、まずご相談を。