未分類
     

「ニキビ治療で治らない」というご相談

「ニキビを治したい」という多くの方が、さまざまな方法で解消に取り組まれます。

一般的なニキビ化粧品や、敏感肌用と言われる化粧品

美容皮膚科や皮膚科でのピーリングやフォト、レーザー、イオン導入、薬物治療

エステサロンに通うなど、多くの業者、方法が市場にはあふれています。

さまざまな情報を見たり、パンフレットを取り寄せたりなどで、どの方法がよさそうか吟味し、口コミ情報を探しては検証し・・・

これらの方法でお肌の問題を解消できるケースがどれだけあるのか、実際には疑問も多くあります。

「肌の悩み」は、一時的な場合もあれば、慢性的なものもあります。

くり返し、長期化する、慢性化するケースでは、「治す」では解決しない問題です。

「治してもまたできる」からです。

そして当社へご相談になる方は、ほとんどの場合これらの方法を経験し、成果を得れなかった方、悪化された方たちです。

皮膚は、その表面を角質層と言います。

正常な皮膚表面を作れていれば、細菌の増殖や、毛穴が塞がる、皮脂分泌が過剰になるなど、ニキビの原因は揃いません。

そのため慢性的なニキビに悩むことは皆無です。

正常に角質層を形成できないケースでは、トラブルは容易に悪化します。

ニキビが常にできやすく、ニキビ跡が残る、また毛穴が目立ったり、赤みや痒みを伴い、化膿しやすいなど、多くのトラブルを併発するケースでは、単にニキビを治すだけではなく、皮膚表面の角質層を正常に作れなければ、何度も同じ問題をくり返します。

どんなに優れたニキビ用の化粧品やエステ、ニキビ治療も、このような問題を解決できなければ、「一時しのぎ」にしかなりません。

そして、このケースの場合、「またできるから、何度も何度も治し続ける」という行為を行うと、皮膚は正常な状態から遠ざかっていくリスクがあります。

問題を根本的に解決するには、消費者的な感性に合う解消法では無く、皮膚の仕組みにあわせることが必要なのです。

「○○ニキビ」などのカテゴリや、化粧品成分、機器の性能などは正常な角質層をつくり、維持することに関して、ほとんど無意味です。

「目的」を間違うと、方法も結果も「思ったのと違う」となるのは、不思議ではないですよね?

もし、「速く走れるようになりたい」と思う場合、

走るのが速い人がはいているシューズ使うことが「速く走る方法」でしょうか?

正しいフォームとトレーニングで走りこみ、練習することでしょうか?

後者を選ぶ方は私の教える方法でキレイになれます。