未分類
     

インフルエンザ

兵庫、大阪、滋賀、京都と、新型インフルエンザも近畿全域で発見されるようになりました。

要は見つかっただけで、ウイルス自体はもうそこらじゅうに広がっているのでしょうけど。

今回のインフルエンザ「騒動」では一方では「外出自粛」、もう一方では「騒ぎすぎ」という報道などがなされています。

感染力は強いけど、症状は比較的軽い、ということですからこのように意見が二分化するのも仕方のないことでしょう。

で、関西の実際のところはどうかといえば現場の人間は特に騒ぎ出すことなく、自前でマスクを買い、手洗いなどに気をつけ粛々と日常生活を送っています。

たぶん、騒いでいるのは世間よりもテレビの中の方じゃないでしょうか。

イベント事などの中止など、確かに生活に影響はあるでしょう。

また経済活動への悪影響も否定できません。(だから「大丈夫だから外へ出てください」ともいわれる)

ある意味で究極の選択的な問題で、マニュアル的な答えはないことです。

私どもでは接客時、施術時、マスクをすることは日常ですので大して何も考えることはないのですが、の化粧品販売業者さんたちも、従業員のマスクをどうするかでいろんな理屈をこねくりかえして対応していました。

通常の接客では、「失礼じゃないか、不便じゃないか」などいろいろ考えることもあるのでしょう。

「こういうときはお互い様」でマスクしておけばいいんじゃないかとも思いますが。

特に大きな施設の場合では。

感染拡大が起きれば、今よりも特に都市部での経済活動にはマイナスになるものです。

「どうせ出るマイナスを最小限にしておく」が優先でいいのでは?

でなければ本当に「都市機能のマヒ」となります。

しかし私達の、特に都市部での経済活動は

「用事もないのにブラブラしている」

ということで成立しているのですかね?

そちらの方がよほど問題では?