未分類
     

にきびとメイクの非常識な関係

にきびやニキビ跡にお悩みの場合ではベースメイクやファンデーションに抵抗があるという方は多くいらっしゃいます。でもこれは誤解のある話しです。ここを間違うと実際には、
さらに悪化するリスクもあるのです。

ニキビに関するご相談やご質問の中に

  • 「メイクはにきびの原因」
  • 「肌に悪い」
  • 「休みを作らないと」

などのお話しをよく伺います。

また医師ですら、このように誤解したままの情報を鵜呑みにされているのが現状のようです。

とはいえまた、メイクは同時に肌の乾燥状態を悪化させ、結果としてニキビに悪影響を及ぼすケースもあります。

が、いずれにせよ「そんな感じがする」「そういわれているらしい」というのが実態と言えます。

ニキビの形成や長期化の要因には、紫外線、化学物質、チリ、ごみ、ホコリなどのヒフへの付着、ヒフの乾燥などがあります。

日中は私たちがふだん考えている以上にさまざまな刺激要因に皮膚はさらされているものです。

そしてニキビが長期化する敏感肌ではこのような日中の刺激に肌をさらすことはトラブル解消にはマイナス要因と言えます。

とはいえいわゆる「日焼け止め」の使用はそれ自体がトラブルの原因になりやすく乾燥を招く、長時間保持できないなど実際の実用上の機能としては問題が多くあります。

先の話のように商品によっては乾燥を招くこともありますしこれを落とすときに行うクレンジング行為もほとんどの場合マイナス要因といえますが、いずれも適切な方法さえ行えば、ベースメイクは様々な刺激要因からヒフを保護する機能を果たすことになります。

ニキビ形成の要因やニキビが治癒する過程においては皮膚表面の保護は極めて重要ですから私どもではベースメイクをスキンケアの一項目として重要視しています。

正しい方法さえ行えば、ベースメイクを行うほうが、肌にとってのメリットは大きいのです。

そしてこれはメンタル面でも大きい効果を期待できます。

ニキビにお悩みの場合では少しでも目立たなくしたい、とお考えになるものです。

しかし、実際にお肌がキレイに健康状態を回復するにはある程度の期間が必要になります。

当社で行うベースメイクでは、その期間もトラブルを自然に目立たないようにできますから、ニキビ、赤ら顔にお悩みの方は、この方法はぜひともマスターしてほしいと思います。