未分類
     

美顔テクニック

美顔といえば「美顔機」や「美顔術」などの言葉があり、一般には「エステ的なもの」のように思われていることが多くあります。

スキンケアについても、「○○式美容術」など、ある意味「美顔術」のように、「必殺のテクニック」「効果的な小技」のようなものがあり、「それを知ったら今までに無いほどきれいになるのではないか?」と期待させるものがあります。

ですが、問題なのは「お肌をどのようにしておくか?」です。

ご相談にご来店された方の実例としては

  • 「古い角質さえ取ればきれいになれる」と宣伝を見てピーリング製品やニキビ用化粧品を使用し、痒み、炎症、ニキビ跡が深刻になった方
  • 「スプーンで顔をたたく方法をNHKでやっていた」と、たたいた部分のニキビが増えたという方
  • 「新しいニキビの薬」を使用し、遠目からもわかるほどの「重度の乾燥・皮ムケ状態」になってしまった方
  • レーザーやピーリングを長期間行い、ニキビが悪化しやすく、跡が残りやすくなった方

と、どなたも様々な方法を行ってからご来店されます。

「最新の美容方法」とか「何かすごいテクニック」というものは、きれいになりたいと思う立場で言えば「白馬に乗った(ように見える)王子様」と同じく、ときめくものかもしれませんが、後になって「あれは違った。騙された。」とならないためには肌の役割や仕組みについて、基本的な知識が必要です。

肌トラブルも一時的な場合、慢性的な場合があり、一時的なものであれば治療を行えば解消可能かもしれませんし、治療をしなくても解消されます(一時的ですから)。

しかし、様々な治療を行っても解消されないケースでは、真の問題は「トラブルの症状」にあるとは限りません。つまり「今ある症状を治療して終わり」というプロセスで解決できない場合もあるのです。

ちょっと俗なたとえで言えば、「太りやすい人」がダイエットをしても、リバウンドしやすいということがありますね。

脂肪細胞の量や、胃腸の消化吸収の能力差は個人差があり、「食生活の好み」といった問題を除いても、やはり「太りやすい、太りにくい」はあります。

ですから太りやすい体質の場合では人一倍、食事や運動に気を遣うようにしないと、簡単に太ってしまいます。

スキンケアでも、もともと肌が頑丈でキレイな人が「私のようにキレイになりたいなら、私のようにスキンケアしなさい」というのを鵜呑みにして、同じケアをした場合、悪化してしまうこともあります。

特に角質を除去などするタイプのケアは、ひどく悪化することがあります。

これは「簡単に太る人」に「ヤセの大食いと同じ食事をすれば痩せる」というのと同じです。

肌質の見極めと、ケア方法は肌トラブル解消にもっとも重要な点ですから、ご注意ください。