「悪童の伝説」~滝平二郎

すもうは男どうしの力くらべだ。

土俵という区切られた制限があるから、

いっとき逃げ出しておいて、

いざ、勝負となると、

いつもは静かで引っ込み思案であった子が、

以外な強みを発揮したり、

日ごろ口達者で肩で風をきっていた子が、

ころりと負けて舌を出したりする。

小さい子を相手に、

三度に一度は負けてやって

サービスにつとめるのが、

尊敬される餓鬼大将であった。