ニキビ跡

「ニキビの無い肌」成功のための思考法

ニキビ、にきび跡など、「お肌の悩み」を「治す・治さない」で考える風潮があります。 それ自体を否定しませんし、批判する気はありません。 ただし、今までも今現在も、あなたが慢性的にお肌に悩み、 その上で、あなたの目的が「悩まないようにしたい」であるなら、 これまでの考え方を変える必要があります。 肌トラブルは、ひいては身体の悩みであり、 身体とそれを構成する細胞は、常に「生まれ変わる」という 大前提があります。 人体は諸行無常です。 慢性的にニキビができる肌は、 慢性的に角質層の形成が正常に行われていませんので 何度治しても次にできる肌は「ニキビができる肌」ということになります。 ニキビは ?毛孔…
terakaz
15年前

ニキビ跡(痕)はなぜ残る?1陥没・肥厚性瘢痕・凸凹

●「陥没・肥厚性瘢痕・凸凹」 このケースのにきび跡は、いいかえれば傷痕であり、 この傷痕はつまり「傷が治った跡」です。 「治った跡」ですから、このケースのニキビ痕は 「病気でも怪我でもない状態」であることを よく認識することです。 このような状態の皮膚を「治そう」と考えるなら、それは 「もう一度傷(火傷を負わせ)にして、負わせた傷がキレイに治るのを期待する」と いう方法となり、レーザー、ピーリング治療などが有効とされます。 いずれの場合も期待通りに治癒するかどうかは 「皮膚」の側の治癒力にかかわる上に 「平らになる」という根拠はありません。 また、このようなニキビ跡が残る理由は、残るに至る過程…
terakaz
15年前