本を読む

小学一年生

娘も小学生にもなると、口達者になってきます。 口達者といってもまともな正論を言うでもなく、「文句が多くなる・口答えが多くなる」です。 もちろん「勉強なんか嫌い」といいます。 キライなのは仕方の無いことかもしれませんが、得意なことや褒められたことは「好き」ですから、勉強そのものが嫌いなわけではありません。 「スグに成果を出せて、評価されるもの」→「好き」ですから、同時に、「わからないことをわかるようになること」や「できないことをできるようになること」がつらいというわけです。 「わからない・できない」は叱られこそすれども、それで褒められることはありませんから、(ちょっとエエカッコしいの彼女が)「好…
terakaz
12年前

ユリイカ増刊号

ちょっと先日になりますが、久しぶりにユリイカ増刊号を購入。 養老孟司、池田清彦の寄稿(昆虫特集だし)と、手塚治の昆虫スケッチが載っていたため、そして表紙がきれいだったので。 いわゆるジャケ買いです。 小学生の頃は昆虫採集、というほどのものではないですが、よく虫捕りはしました。 そして標本作りにも挑戦しました。 挑戦はしましたが、カブトムシ、クワガタともに、ちいちゃな虫がわいてぞっとしました。それ以来してないですね。 今の歳だと、カブト・クワガタはかえって興味出ませんね。 コガネムシやカミキリあたりなんかいいですね。 あまり大きくないので、きれいで、甲虫で。 虫にもいろいろで、蝶なんかもきちんと…
terakaz
13年前