ニキビとニキビ治療

terakaz
terakaz
2007年8月2日2017年1月6日

ご相談で多いのがニキビ、そしてニキビ跡のお悩み。

ニキビ形成の跡がニキビ跡ですので、

ニキビが出ない → 跡はできず。

となります。

ニキビ形成があるからニキビ跡となるのですが、お悩みの立場では「ニキビは気にならないが、痕が気になる」となってしまいますよね。
「ニキビは、あまり出なくなったが、ニキビ痕が消えない」ということです。

良い肌は「ニキビができ続ける肌を、きれいな肌(正常に角質層を形成できる肌)に戻し、維持する」ということをテーマとしています。

仮に、今あるニキビの解消に60日かかったとして、それまでのニキビ・ニキビ痕が無くなっても、新しいニキビが10個できれば、10個のニキビ跡が新たにできることとなり、ご本人の立場では、「治らない・治っていない」となります。

terakaz
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください