ニキビ化粧品で悪化した

terakaz
terakaz
2008年3月2日2017年1月6日

にきび用化粧品の販売促進キャンペーンがあると決まって数週間~数ヵ月後に、お肌についてのご相談が「増加」します。ほとんどのケースはニキビ用化粧品連用での赤みや痒み、乾燥やヒリツキ、にきびの悪化などです。

ニキビ用化粧品の多くは、

  • 皮膚表面の角質層を破壊する
  • 脱脂力が強い
  • オイルフリーなど

を特徴とします。これらの使用は、一時的なニキビを解消する、もしくは現在あるニキビには意味があるかもしれません(全くないかもしれませんよ)が、これの使用で皮膚が恒常的に健康を維持したり美しくなることはありません。

見た目に美しく、健康なお肌を目的と考える場合では、ニキビ用化粧品の使用は「目的とのズレ」を起こすものですから、よくお気をつけください。

terakaz
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください