アンチエイジング

ブライダルエステについて

ブライダルエステのトラブル相談が年々増加している トラブル相談増加…ブライダルエステに注意 http://bit.ly/n0337h 結婚式前に「ブライダルエステ」を受けて肌に異常が出たなどのトラブル相談が増えているとして、国民生活センターは7日、注意を呼びかけた。 国民生活センターによると、06年度から先月までで、ブライダルエステのトラブル相談は145件あり、年々増加している。腕が出るドレスを着るためにエステを受けたところ、腕が腫れたり、レーザーを使ったシミ取りの施術を受けたところ、痕が残ってしまったなどの相談が寄せられているという。 国民生活センターは、結婚式に影響を与えないよう、直前に施…
terakaz
11年前

紫外線の作用

紫外線の肌への作用 少し暖かくなるとテレビなどでも紫外線に関する情報や、美白・日焼け止めのための化粧品情報が増えてきました。 「紫外線対策は年中必要」と考える立場なので、今の時期だからいうわけではありませんが、一応。 紫外線の種類 紫外線にはA波、B波、C波の3種類がありますが、殺人光線といわれるC波は、今わたしたちのいる地上にはとどきません。 私たちがいる地上に届くのはA波,B波です。 紫外線A波はUV-Aといい、これは肌を黒くするタイプの紫外線と考えていいでしょう。そしてB波(UV-B)は、赤く炎症させるタイプの紫外線で、急激に赤くなり、ヒリつくなどのやけどのような刺激はB波によるものです…
terakaz
12年前

レチノール配合化粧品の「ハリ」について

化粧品ビジネスの中でも、「高機能化粧品」と言われるジャンルがあります。でも化粧品に関する「高機能」って何か?「高機能化粧品」と言われるものの多くは、アンチエイジングといわれるジャンルに属し、通常の化粧品よりも「効果的な成分」を配合しているといわれます。しかし、冷静に考えれば、化粧品それ自体が薬事法の規定によって「成分の作用・効果」は認められるものではありません。※ただし、これは「悪いこと」ではありません。化粧品や医薬部外品は「毒にも薬にもならないもの」です。つまりどれだけ使っても配合成分による副作用はありません(同時に効果が無いという「メリット」があります。)。これは「レチノール配合」を、商品…
terakaz
13年前