乾燥肌

角質層の乾燥の仕組み

季節柄、空気の乾燥、湿度の低下が進行すれば、皮膚の乾燥も進行します。 また天気や気温の変化も激しく、これに反応した皮膚は乾燥・肌荒れといったトラブルを起こし、ニキビの悪化や敏感肌のトラブルも増加傾向になります。 地上に生きる生物は、生存のため乾燥・細菌やウィルス・紫外線などから身体を守る必要があります。 その役割のために皮膚があり、皮膚はその表面に角質層をつくります。 角質層は0.02ミリのきわめて薄いバリアで、これが体を守る最前線です。 角質層は表面から0.2ミリ奥の表皮基底層という部分で分裂した表皮細胞が、表面に押し上げられる過程で死滅し構成されます。これを表皮のターンオーバーといいます。…
terakaz
12年前

乾燥肌”だから”にきびができ続ける

「乾燥肌なのにニキビが・・・」というご相談がよく来る季節です。 が、これは「ニキビはオイリー肌の悩みのはず」という思い込みから来ます。 たとえば、「テカテカのおじさん」がいらっしゃいます。 でも「テカテカのおじさん」がニキビに悩んでいるかといえば、そんなことはありません。むしろつやつやとしたお肌でいらっしゃることが多いんではないかと思います。 皮脂の分泌が盛んだからと言って、それが即ニキビの原因とはいえません。 皮脂が皮膚表面に排出され、正常な皮脂膜を形成していれば、むしろお肌を保護する重要な役割となります。(先日のお話のとおりです。) そして、乾燥肌と(本人が)感じる肌状態であっても、ニキビ…
terakaz
13年前

ニキビと乾燥肌

お肌に具体的な「悩みの症状」がある場合では、どうしても、それを「治そう」と考えてしまうものです。 ニキビができれば「にきびを治そう」。赤ら顔なら「赤ら顔を治そう」。 そう考えることは、何も不思議なことではありません。 しかし、その前提にあるのは「気になる症状が治れば、悩みは解決する」です。 そうなればニキビや、その他症状を「治す」ために、さまざまな治療、エステ、化粧品を使用します。 ところが思わしくない結果になる・・・ もちろん「治らない」というわけではありません。 多くの場合、これらを実際に「治る」根拠があるからそう宣伝されているのです。 でも「治らない!」といわれる方も多くいらっしゃると思…
terakaz
13年前

乾燥肌とニキビや赤ら顔は「症状」

ニキビや赤ら顔は目に付きますし、それ自体が「悩み」の種です。通常なら、このような肌トラブルは一過性で終わりますが慢性化、長期化するケースもあります。その場合・・ 「私のニキビは普通のにきびではない?」 「わたしのは体の中からくるにきびらしい・・・」など、さまざまな原因を考えてしまいますよね。しかし、できているにきび自体は、すぐに治るにきびと同じように形成されています。これが悪化したり、慢性的に形成が続いたり、化膿しやすいなどに陥るのは「ニキビの違い」と言うよりも、「肌の違い」に根本的な原因があります。通常、皮膚表面の角質層が正常に形成されていれば、ニキビは慢性化しませんし、キレイに治癒します。…
terakaz
15年前