初夏の小鮎煮

terakaz
terakaz
2020年6月24日

先日ご近所さんより、小鮎煮をいただきました。
なんと手作り。お店のような仕上がりです。

琵琶湖の鮎は川鮎とは違い10センチほどにしかならないので「コアユ」です。

癖もなく、少しほろ苦く、山椒と一緒に頂くと、とてもおいしいのです。

小さい頃、針だけたくさん着いた釣竿を川にもっていき、ちょいちょいと動かすだけでエサ無しで小鮎はたくさん釣れました。

それをごっそり持ち帰り、家で天ぷらにしてもらうのです。

スケールの小さい釣り親父みたいな生活ですが。

ちなみに小魚類は捌く必要もなく、調理も楽ですし、生き物丸ごと一匹分の栄養が摂れるので、食品としても優秀だと思います。

みなさんもぜひ。

terakaz
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください