言葉が現実をつくる(こともある)

terakaz
terakaz
2010年3月5日2017年1月6日

先日の話に関連してですが、私たちは言葉を「道具」のように思っていますが、実際には言葉に規定されて生きている、という面もあります。

「考えること、口にする言葉」が、現実を引き寄せるようなことがあります。

「こんな事になったらイヤだなあ」と考え、「その時はどうしよう。」と、悪いことが起きて、それに対処することばかり考えていると、計ったかのように悪いことが起き、対処しなければならなくなる。

「どうせ自分なんか」と考えていると、「どうせ」な自分に、どんどんなっていく。

無理のあるプラス思考は見ていてしんどい時もあるのですが、だからといってむやみにふさぎこんでも何の得もありません。

※けっこう「悪いことを考えない」って気をつけないとできませんけどね。

自分自身でも想像していた「こうなったらいいなぁ」は、けっこう実現している気がします。

terakaz
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください